home
staff
施術案内
施術のながれ
施術方法
施術設備
料金表
ブログ











きょうばし鍼灸整骨院地図
きょうばし鍼灸ボタン









 

■あらゆる生き物は、身体の異常を自分自身で治す作用、いわゆる「自然治癒力」をもっています。東洋医学はこの自然治癒力(気・元気)を高めることが可能な医学であり、身体にとてもやさしい医学といえます。

■鍼灸の基礎になっている東洋医学では、西洋医学とは違った観点から体を見ていきます。東洋医学では、私たちの体は本来バランスがとれているもので、そのバランスが失われるとさまざまな病気になると考えられています。そしてそのバランスは、陰と陽で示されています。


■鍼(はり)治療は、血行を促進したり、体の中のエネルギーの流れである「気」「血」のバランスを整えたりすることで体に起きているアンバランスを整える治療法です。

当院では、以下の種類の鍼を使用しています。

●豪鍼
古代九鍼の内のひとつで、現代使われている鍼では最もポピュラーな鍼です。鍼灸院のみならず、麻酔科、整形外科、内科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、小児科、歯科……など各科領域でも各種の疼痛や疾病の治療に幅広く活用されています


●てい鍼
皮膚に刺入せずに経絡(気血などを循環させる経路のことで人体内の経脈と絡脈の総称)や経穴を按圧して疾病を治すのに適しています。小児や鍼を体に刺されるのが怖い、嫌だという人にはおすすめです。


●打鍼
皮膚には刺入せず腹証(腹診)から体の悪いところを見つけ、腹部に打鍼を当て小槌で数回叩いて邪を取り除きます。

■灸(きゅう)治療も、痛みに対してとても高い効果を発揮します。特に体が冷えている方には効果があります。灸にもさまざまな種類がありますが、通常の治療で使われる灸は「温灸」といって直接皮膚に艾(もぐさ)を乗せず、間接的に熱を伝える手法です。火を使うので多少は熱く感じますが、ヤケドをするような心配はほとんどありません。

お灸の種類は、大別して以下の5通りあります。

●知熱灸(ちねつきゅう)
モグサを円錐形に固めたお灸です。
最初はポカポカと温かく感じますが、燃えきる頃に少しずつ熱くなります。「熱い」と感じた時点でお灸を取ります。熱いのを我慢しなくて良いお灸ですのでご安心ください。熱いといっても、それほど大げさな熱さではなく痕も残りません。熱いと感じるのは一瞬で、中には気持ちよく感じる方もいます。使用するお灸の数により、熱を浅く入れたり、深く入れたりと調整ができるお灸です。小さな直接灸に比べると比較的広範囲に熱を入れることが出来ます。また熱を取る時にも使用します。
いわゆる昔から「お灸を据える」と言われているのはこのお灸のことです。

●灸頭鍼(きゅうとうしん)
モグサを球形に固めたお灸です。
広い範囲がじっくりとポカポカと温かく感じる気持ちの良いお灸です。まず始めに体に鍼をしてその鍼柄部にお灸を乗せますので鍼治療と灸治療を同時に行う事が出来ます。
また、直接皮膚にお灸を置くことなく間接的に温めるのでポカポカと気持ちの良い温かさです。

●隔物灸(かくぶつきゅう)
皮膚と艾の間に、生のショウガ、ニンニクなどの薄片などを入れて艾を燃焼させる方法です。間に挟んだものが緩衝材となってお灸の熱さを緩和するだけでなく、それらが燃えた時に出る蒸気に薬効があり、また芳香によって患者をリラックスさせる効果があるといわれています。

●棒灸(ぼうきゅう)
直径1 ~2cm 、長さ20~30cm の円柱状に、もぐさを紙巻きにしたもの。これを持ち、経穴に近づけたり遠ざけたりして温熱刺激を与えるもので、中国では多くこれが多く用いられている。漢方薬がもぐさに練り込まれているものもあります。

●温灸(おんきゅう)
当院で使用しているお灸はこのタイプが多く、円筒状の筒の中に艾を詰めたもので直接皮膚に艾を置かないために、火傷の心配もありません。当院で使用している温灸は販売もしておりますので自宅で自分でお灸をすえる事が出来ます(経穴についてはその都度症状に応じてお教えしますのでご相談下さい)。



homestaff施術案内施術のながれ施術方法施術設備料金表contactblogきょうばし鍼灸整骨院について
プロテクノEXE鍼灸って?カイロって?アクティベータって?メディカルアロマって?
妊婦さんへの施術ちいさなお子さまに交通事故の取扱いアスリートサポート
〒536-0014 大阪市城東区鴫野西1-8-31  きょうばし鍼灸整骨院 Tel 06-6963-3636
 Copyright(C) 2010 きょうばし鍼灸整骨院 All Rights Reserved.